第9回たかつき交通まちづくりシンポジウム

〇第9回たかつき交通まちづくりシンポジウム

11月18日(土)に「第9回たかつき交通まちづくりシンポジウム」を開催します。
今回は「歩いて楽しい富田のまちづくり」と題して、ポートランド等の海外視察の報告も交え、JR摂津富田駅と阪急富田駅の駅駅間のまちづくりについて提言します。

と き:平成29年11月18日(土)
    午後2時~4時30分(開場:午後1時30分)
ところ:富田ふれあい文化センター
    地下小ホール
申込み不要、参加費無料

主催:たかつき交通まちづくり研究会
後援:高槻市

【プログラム】

第一部:午後2時~午後3時10分(開場:午後1時30分)
はじめに 高麗敏行(たかつき交通まちづくり研究会代表)
○歩いて楽しい街の魅力を考える~ポートランドから学ぶ~  山室浩一(株式会社コトブキ)
○公共交通を活かしたまちづくり 畑中則宏(NPO法人再生塾、枚方LRT推進会)
○「歩いて楽しい」富田のまちなか 高麗敏行(たかつき交通まちづくり研究会)

第二部:午後3時20分~午後4時30分
○ラウンドテーブル(参加者は各発表者のテーブルをローテーションし意見交換)
スポンサーサイト

とんだ自転車散歩2017

2017年10月21日(土)に富田において自転車散歩を開催します。
集合場所及び時間:JR摂津富田駅北側に10時集合です。(小雨決行)
参加費:500円(団体保険代含む)
昼食代及び自転車(及びヘルメットやグローブ、飲料水等)は各自ご用意下さい。
JR富田駅北側20170318

主なコース:
JR摂津富田駅(北側)~如是川を北上~西国街道を東進~芥川を北上~あくあぴあで折り返し
~今城塚古墳公園~自転車走行空間が整備された道路を通ります。
~富田寺内町~JR摂津富田(南側)で解散
自転車散歩2017秋-map

申込:お名前を明記の上、たかつき交通まちづくり研究会(takatsukikotsu@gmail.com)までお願いします。
主催:たかつき交通まちづくり研究会
http://takatsukikotsu.blog16.fc2.com/

下記写真は2014年のとんだ自転車散歩より本照寺、大宅壮一碑にて。
自転車散歩_富田本照寺20141018

自転車散歩_富田大宅壮一碑20141018

下記写真は2017年5月のスマートサイクルの様子。
IMG_5269.jpg

こまちカフェ 車の侵入を抑制するソフトライジングボラード

◎こまちカフェのご案内
車の侵入を抑制するソフトライジングボラード

ゲストスピーカー:シー・ティーマシン株式会社 中西様

交通とまちづくりを語るこまちカフェ。今回は、駅前・商店街・通学路・河川敷歩道等への自動車の侵入を時間帯・通行資格等で制限する手段として、各地で導入が始まっているソフトライジングボラードについて、シー・ティーマシン株式会社の中西様からお話をいただきます。

日時:2017年7月15日(土)午前10時~12時
場所:高槻市民交流センター(クロスパル)3階 第一会議室
  (高槻市紺屋町1-2)
会費:資料代500円
定員:40名
申込:お名前を明記の上、たかつき交通まちづくり研究会
   (takatsukikotsu@gmail.com)までお願いします。
主催:たかつき交通まちづくり研究会
http://takatsukikotsu.blog16.fc2.com/

こまちカフェin富田 京都四条通歩道拡幅について~人と公共交通優先の「歩くまち・京都」実現へ~

◎こまちカフェin富田のご案内

京都四条通歩道拡幅について~人と公共交通優先の「歩くまち・京都」実現へ~
ゲストスピーカー:京都市道路環境整備課 事業促進担当課長 永田盛士氏

交通とまちづくりを語るこまちカフェ。今回は、富田駅駅間(JR摂津富田駅と阪急富田駅)の賑わい空間を考える上でヒントとなる、車優先から歩行者・公共交通優先への転換を図った四条通りの歩道拡幅、車線削減を実現するまでの苦労話など、担当者の一人である永田様よりお話いただきます。席に限り(定員20名ほど)がありますのでお早めにお申し込みください。

日時:2017年3月18日(土)午前10時~12時
場所:富田ふれあい文化センター2階会議室
  (高槻市富田町4丁目15-28)
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kakuka/shimin/tondac/gyomuannai/shisetsushoukai/shoukai.html
会費:無料
定員:20名
申込:お名前を明記の上、たかつき交通まちづくり研究会
   (takatsukikotsu@gmail.com)までお願いします。
主催:たかつき交通まちづくり研究会
http://takatsukikotsu.blog16.fc2.com/

第8回たかつき交通まちづくりシンポジウム報告

富田のJRと阪急の駅駅間について、地元商店街の方や
姫路市における駅周辺開発やトランジットモールの話題提供を踏まえ、
安心して安全に歩いて買い物出来る空間を実現するための提案等、議論しました。

駅駅間を多くの歩行者が利用しているのが分かります。
20161119富田の駅駅間まちづくり訂正
一方クルマは周辺の主要幹線道路(国道171号等)は減少傾向にあります。
また、駅駅間の通過交通あるいは域内交通は歩行者交通量等に比べ、
非常に少ないことが分かります。
道路移動手段の状況
駅駅間の道路を歩行者が安全に安心して買い物できる空間にするためには、
クルマ利用者の駅へのアクセスも考慮する必要があります。
案としてJR南側の現在、駐車場等に使われている空間を
活用することは出来ないでしょうか。
摂津富田駅南側への接続
現在のJRと阪急の間にある東西方向の一方通行の代替として、
阪急南側に計画されている大阪府道である道路整備を
当地域の東西方向の主要道路として
早急に整備することは出来ないでしょうか。
東西方向の道路整備
現在でも1万2千人/12時間の多くの方が利用している道路空間ですが、
昇降式の車止め(ソフトライジングボラード)によりクルマの出入りを
コントロールすることで、歩行者の安全性や安心感を高めることは
出来ないでしょうか。
侵入車両を抑制する方法

まちづくりシンポジウムのお知らせ

第8回たかつき交通まちづくりシンポジウムを11月19日(土)に開催します。
20161119チラシ案20161024後援無-1

今回は「駅前とまちづくりinとんだ」と題して、
地元商店街の方のまちに対する思いや
駅前再開発とトランジットモール整備を実現された姫路市姫路駅周辺整備室の方、
コメンテーターとして大阪大学COデザインセンター
まちみちコミュニケーション研究室の 板倉特任教授をお招きして、
富田の駅駅間の賑わいを活かしたまちのあり方や
市民の関わり方について考えたいと思います。
日時:平成28年11月19日(土)午後2時~4時(開場午後1時30分)
場所:富田ふれあい文化センター 地下小ホール
申込み不要、参加費無料です。

こまちカフェ@協働プラザ

こまちカフェ@協働プラザ

「富田駅周辺地区の交通量の変化から見えるもの」
話題提供:高麗敏行さん

交通とまちづくりを語るこまちカフェ。今回は、富田の交通まちづくりを考える上で基礎となる各種の交通量について話題提供いただきます。

日時:2016年9月24日(土)午前10時~12時
場所:高槻市協働プラザ
  (高槻市紺屋町3番1-105号 グリーンプラザ3号館1階)
http://www.takatsuki-kouekisuport.com/協働プラザとは/協働プラザへのアクセス/
会費:500円
定員:20名
申込:お名前を明記の上、たかつき交通まちづくり研究会
   (takatsukikotsu@gmail.com)までお願いします。
主催:たかつき交通まちづくり研究会
http://takatsukikotsu.blog16.fc2.com/

たかつき自転車まちづくり実行計画

ご存知でしたか。
高槻市における自転車関連事故割合は、全国の19%、
大阪府の33%(いずれも平成25年)に比べ約38%と高く、
隠れた社会問題となっています。
そのような背景もあり、市では数年前から自転車通行環境整備等について
取り組んできました。
そして、この度、「たかつき自転車まちづくり実行計画」が策定されました。
実行計画


「はしる:自転車通行空間整備」において、市内166.3kmのネットワーク路線が選定され、
短期整備路線(H28~H29年度)10.4㎞、中期整備路線(H30~H32年度)14.2㎞等、
具体的な整備スケジュールも示されています。
自転車通行空間整備目標全延長166.3kmのうち24.6km(15%弱)が
5年後迄に整備
されることになるわけです。
整備に伴い自転車事故の削減、ク ルマなどから自転車による移動手段への転換により、
健康増進による医療費削減、環境改善(CO2等)、
空間活用(車に比べ1人当たりの専用面積削減)による
街の活性化等の効果も期待されます。

また、「とめる:駐輪環境整備」においては、
放置自転車台数H26の1,743台をH32に1,200台、
駐輪環境に対する満足度H26の43%をH32に65%に高めるため、
既存駐輪場の利用促進、駐輪需要に応じた駐輪対策、
効果的な放置自転車対策として下記の取組項目とスケジュールを策定しました。
行政の取組も大事ですが、違法駐輪等は市民一人一人の心がけ次第です。
自転車は車両という意識を持ち、通行の邪魔にならないように駐輪場等にとめましょう。

「まもる:ルール遵守・マナー向上」においては、
自転車関連事故割合を30%以下にすることを目指した対策が示されています。

自転車を安全・快適に利用できるまち高槻の取組に期待したいものです。

第8回こまちカフェ:山手町JRガード下(高垣トンネル)の交通安全を考える

7月23日に富田のカフェ・コモンズで開催された「第8回こまちカフェ」
今回は「大阪大学みちまちコミュニケーション研究室」で取り組まれた研究の一つである
「山手町JRガード下(高垣トンネル)の交通安全を考える」について発表して頂きました。
コンサル顔負けの分析、概算事業費やスケジュール等、具体的な提案を頂きました。

今回の発表は高垣トンネル交通安全の始まりの第一歩、
こまちとしても、このすばらしい提案の中から
実現化に向けて協力していきたいと思います。

IMG_7115.jpg

自転車走行空間整備の提案

こまちでは2016年5月21日にスマートサイクル(啓発走行)を実施しました。
そのコースのうち、歩行者専用道の商店街において、
自転車通行の実態を踏まえ、代替案を考えてみました。

この路線は、市の自転車通行空間ネットワーク路線(案)において、
短期整備と長期整備に指定されていますが、
出来るだけ速やかな整備を願います。
プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-