スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車走行指導帯

10月19日、新聞などで気になる見出しがありました。

『歩道走行禁止、厳格運用…警視庁が安全対策策定へ』


毎日新聞WEB版より一部抜粋します。
『警視庁は、自転車の車道左側走行の原則を順守させ、
これまで積極的に摘発していなかった歩道走行の取り締まりを徹底する方針を固めた。
そのうえで自転車のルール順守や走行環境の整備なども盛り込み、
全国の警察本部で初となる包括的な自転車安全対策の策定作業に入った。・・・・・・・・・・』
詳細はこちらをご覧ください。

当然と言えば当然なのですが、ようやく「歩道走行禁止」というか
「自転車は車道を走るもの」ということが認知され始めた(?)ということでしょうか。

しかし、世間はまだまだ「自動車」社会ということを、この1週間で2回も体験しました。
いつものように車道の左側を自転車で走っていると、後ろから「自転車は邪魔や、どけどけ!!」
と言わんばかりに大きなクラクションをならされ、運転手からは睨まれる次第。
いずれも大型のRV車でしたが、これでは気の弱い人は
「車道を自転車で走るのは恐い」と思うのも致し方ないかも。。。。。

そこで、金沢市などで取り組まれている「自転車指導帯」の写真を紹介します。
画像 080
これは、路肩など十分な余裕幅が無くても、車道の自動車等が走行する中に
「ここを自転車が通りますよ」という、いわばドライバーなどに「自動車と自転車は混在しますよ、
だから気をつけてくださいね」と注意を喚起するとともに、
自転車を運転する人には、「歩道ではなくここを自転車は通るのですよ」と促す、
「指導する帯」つまり「自転車走行指導帯」が設置されています。

高槻市内でもイメージしやすいように、自転車走行指導帯をフォトモンタージュで作成しました。
下写真は実際の写真です。
路肩は狭く、自転車専用レーン(ブルーレーン)を設置することは難しそうです。
また、歩道は狭く、ここを自転車が走れば歩行者が危険な思いをするのは明らかです。
JT通りOriginal

そこで、自転車走行指導帯をモンタージュしてみました。
これだと、自動車からも、その部分を自転車が通ることが認識されますし、
自転車も歩道ではなく車道を走ることを意識すると思います。
JT通り(自転車通行指導帯)
(フォトンタージュ)
スポンサーサイト

自転車は降りて押しましょうの標識と標示

写真はJR高槻駅北側にあるアクトアモールです。
ここは歩行者専用道(写真の乗入れ部に小さく標識が設置されています)です。
従って自転車の走行は禁止されています。
「えっ~、知らなかった。だってみんな乗ってるよ」という方が大半だと思いますが・・・・・。
IMG_0484.jpg
自転車が歩道を走っても良いと思っている方は、
「歩行者専用道だからクルマはダメだけど、自転車は良いんだよね」と思っているのでしょうが、
自転車は車両ですから、歩道は走行してはいけません。
特例として「自転車歩行者道」の標識が設置されている区間は、
歩行者などに注意しながら「徐行」することが出来ます。

確かに、上記写真では「歩行者専用道」であることも非常に分かりづらいので、
歩行者専用道と知らず、自転車で走ってしまう人もいるかもしれません。
そこで、「自転車は降りて押しましょう」標識あるいは路面標示の提案です。
アクトアモール自転車押しましょう標識
(上記写真はフォトモンタージュによるイメージです)

いかがでしょうか。
これだと目立ちますよね。「見ていない」「知らなかった」とは言えないですよね。
それと「自転車は歩道を走っても良いと思ってた」という言い訳も通用しないですよね。
なにしろ「自転車は降りて押しましょう」を意味する標識・標示ですから。
但し、警察が認めた標識ではありませんので、色や形は工夫するか、
この標識や標示を求めて貰うかだと思いますが・・・・・。

標識と言えば、「自転車一方通行」のパブリックコメントが先日終わりましたね。
歩道や自転車歩行者道、自転車道における「自転車一方通行」の標識より
この「自転車は降りて押しましょう」標識・標示の方が効果はあると思うのですが、いかがでしょうか。

スクランブル交差点はいかが

前回掲載した、みずき通りの阪急高槻市駅付近の交差点(センター街西詰)を見ていて、
人と自転車の往来が激しいので、いっそのことスクランブル交差点が「ええんちゃうの」と思い、
CGイメージを作成しました。
このスクランブル交差点の方が、センター街から真っ直ぐ駅側に渡ることができて
「ええんちゃいますか」
それに現在の横断を待つ「溜まり部」は狭くて、人と自転車が錯綜します。
これも解消するのではないでしょうか。
20110711.jpg
注)写真はイメージです。

自転車に車道を走行させる工夫(枚方亀岡線を例に)

狭い歩道を我が物顔で疾走する自転車(通勤時間帯などは時々原付も歩道を爆走するのを
見かけますが・・・・・)など、歩行者が安心して安全に歩道を歩くためには(改めて言うまでもないこと
なのですが)、自転車にちゃんと車道を走って貰うのがまず基本ではないでしょうか。
そのための方策を提案します。

写真のように広い路肩においては、ハッキリと自転車が走行する部分を明示しましょう。
枚方亀岡線Origin

こんなイメージです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
枚方亀岡線Plan
(注意:フォトモンタージュによるイメージです)

自転車のマークや進行方向を示す矢印を明示することで、車道を走る自転車が増えるものと思われます。
これは通称ブルーレーンと呼ばれ、自転車専用レーン、自転車通行帯などを示すもので、
世田谷や宇都宮など関東で広まり、最近では関西でもこのブルーレーンが設置されている
箇所が増えています。
この府道枚方亀岡線は路肩も広く、自転車レーン(走行空間)を設置するには
比較的容易と思われますが、皆さんどうでしょうか。

ちょっとした工夫で快適な自転車走行空間

高槻市中心の北部を南北に走る道路です。(写真奥に見えるのは名神高速道路です)
この道路は自動車交通量の割りに空間的余裕があります。(専門用語では広路肩と中央帯のある2車線道路)
歩道は2m程度ですが、植樹桝があるため、所々狭くなっています。気分の良いときはJR高槻駅からこの道を通り自宅まで帰るのですが、歩道を歩いていると、なぜか「チリン、チリン!!」「そこのけそこのけ自転車が歩道を通る!!」と、歩行者が安心して歩道を歩けない、という状況に!!
日本を訪れた外国人は、このような状況を見て「車両が歩道を走るなんて!!なんて野蛮な国!!」と思っているそうです。(確か本で読みました)
現況

そこで、せっかく余っている(広い)空間があるのだから、ということで、勝手に自転車レーンを作ってしまいました。(あくまでイメージです)
たかが色をつけるだけ(専門的にはカラーアスファルト舗装)ですが、車は車道を、自転車は自転車レーンを、歩行者は歩道を歩く、ようになると思いませんか?
自転車道

プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。