スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかつき自転車まちづくり実行計画

ご存知でしたか。
高槻市における自転車関連事故割合は、全国の19%、
大阪府の33%(いずれも平成25年)に比べ約38%と高く、
隠れた社会問題となっています。
そのような背景もあり、市では数年前から自転車通行環境整備等について
取り組んできました。
そして、この度、「たかつき自転車まちづくり実行計画」が策定されました。
実行計画


「はしる:自転車通行空間整備」において、市内166.3kmのネットワーク路線が選定され、
短期整備路線(H28~H29年度)10.4㎞、中期整備路線(H30~H32年度)14.2㎞等、
具体的な整備スケジュールも示されています。
自転車通行空間整備目標全延長166.3kmのうち24.6km(15%弱)が
5年後迄に整備
されることになるわけです。
整備に伴い自転車事故の削減、ク ルマなどから自転車による移動手段への転換により、
健康増進による医療費削減、環境改善(CO2等)、
空間活用(車に比べ1人当たりの専用面積削減)による
街の活性化等の効果も期待されます。

また、「とめる:駐輪環境整備」においては、
放置自転車台数H26の1,743台をH32に1,200台、
駐輪環境に対する満足度H26の43%をH32に65%に高めるため、
既存駐輪場の利用促進、駐輪需要に応じた駐輪対策、
効果的な放置自転車対策として下記の取組項目とスケジュールを策定しました。
行政の取組も大事ですが、違法駐輪等は市民一人一人の心がけ次第です。
自転車は車両という意識を持ち、通行の邪魔にならないように駐輪場等にとめましょう。

「まもる:ルール遵守・マナー向上」においては、
自転車関連事故割合を30%以下にすることを目指した対策が示されています。

自転車を安全・快適に利用できるまち高槻の取組に期待したいものです。
スポンサーサイト

自転車走行空間整備の提案

こまちでは2016年5月21日にスマートサイクル(啓発走行)を実施しました。
そのコースのうち、歩行者専用道の商店街において、
自転車通行の実態を踏まえ、代替案を考えてみました。

この路線は、市の自転車通行空間ネットワーク路線(案)において、
短期整備と長期整備に指定されていますが、
出来るだけ速やかな整備を願います。

啓発走行

5月21日(土)一般の参加者も含め11名(うち2名は撮影担当)で自転車の啓発走行を行いました。
(こまちでは「スマートサイクル」と呼んでいます)
自転車走行区間が整備された古曽部天神線(整備百貨店の北側、旧西国街道)や
みずき通り(阪急電車の北側を併走)も走りました。
水色のラインはクルマからも認識しやすいと思われ、幅員も十分で
とても走りやすいと思います。
IMG_5677.jpg
また、アクトアモール(商店街)は自転車を降りて押しました。
駅前周辺及び商店街は「歩行者専用道」のため、自転車走行は禁止されています。
自転車は降りて押しましょう。
IMG_5679.jpg
今回は、「自転車は車道の左側」というプレートを作成し、
自転車の前カゴあるいはハンドル等に取付け走行しました。
意外と目立ったようですよ。少しでも効果があれば良いのですが。
IMG_5680.jpg
延長約7㎞を1時間以上かけてゆっくり走行しました。
途中、商店街はあえて選んだルートですが、防護柵等の障害物により車道に出ることが出来ない、
地下道、跨道橋等の立体横断施設によりやむなく歩行者として降りて押すしかない、
歩行者自転車専用信号のため、車道走行から歩道等に上がり、歩行者と一緒に横断する等、
クルマの仲間と言いながら、ある時は歩行者の仲間?にならざるを得ない場面も。

自転車レーンと駐停車帯

自転車レーンと駐停車帯。
欧州では歩道側から、駐停車帯→自転車レーン→車線であるが、
ここ東京都港区で見かけたのは、
歩道→自転車レーン→駐停車帯→車線でした。
クルマのドア開閉時における自転車との事故等、少し心配です。
実態はどうなのでしょうね。
IMG_4292.jpg

スケアードストレート

9月27日(日)の午後2時〜3時
市内の大冠小学校で
「交通安全フェスティバル」として
プロスタントマンによる「スケアー土ストレート」及び
自転車安全教室が開催されました。

IMG_3026s.jpg

高槻市では歩行者・自転車利用・クルマの運転手など、
誰もが安全で快適に通行できる環境づくりのため、
自転車利用者の責務や新たな交通ルールなどを定めた
「高槻市自転車安全利用条例」を平成27年10月1日より施行しています。

条例が施行されたこともあり、
大阪府警本部安全教育班による交通安全教室により交通ルールの周知を図るとともに、
プロのスタントマンが交通事故をリアルに再現する「スケアードストレート」により、
交通事故の怖さを体験してもらうことで、
交通ルールを守る大切さを学んでもらう取組が行われました。
プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。