樽のバス停

上の口バス停のもう一つ奥にあるバス停「原立石」は、
大きな樽で出来ており、とても目立ちます。

なんでも、読売新聞(2008年6月26日)では、
大きさは直径3m、高さ2.7mで、どぶろくの桶をイメージしたとあります。
大阪府森林組合三島支店から杉の間伐材を譲り受け、製材所で350本の資材に加工され、
2008年6月に完成した、とあります。
091011Hara1.jpg

それにしても近くで見ると本当に大きな樽ですね。存在感ありますね。
何だか バスを待つのも楽しくなりますね。
スペース的に余裕のあるバス停をすべて、このどぶろく樽バス停にすれば、
高槻の一つの名物にならないでしょうか。
バス乗降客も増えたりして・・・・・・・・。
091011Hara2.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-