スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都市のバス停

バス停って、一般的に歩道の延長として車道とは段差(高低差)があると思います。
写真は、阪急高槻市駅のバス停です。
やはり車道からは15cm~20cm程度高くなっています。
20120223_07.jpg
この高さが車の進入を防いだり、バス待ちの歩行者を車から守ってくれます。
また、ノンステップバスと言われながら、実際にバスの乗降口の高さは0cmではなく、
このバス停側の高さがちょうどノンステップバスなどの乗降口高さとなることがあります。

この「高さ」がバスの乗降からも一般的と思っていたのですが、
京都市ではなぜかバス停の高さが車道とフラットなのです。
20120223_02.jpg

確かに、歩道の端部(巻き込み部)と同じように車道と同じ高さになっています。
歩道の端部であれば、車椅子など「平坦性」が求められますから、その理由が分かるのですが、
バスの乗降口の高さは車道にピッタリなるわけではないので、「?????」
不思議です。
20120223_04.jpg

そして、バス停標識の基礎部分が逆に突出しています。
なんだかヘンですね。
20120223_05.jpg

ノンステップバスの乗降口とは、やはり段差が生じ、特に降りるときには
思わず私も「よいしょっと」と心の中で言ってしまいます。
高齢者や膝の悪い方は大変だろうな~と思います。
20120223_01.jpg
この「バス停フラット化」の工事は最近増えており、順次改悪していくみたいです。
なぜ?
スポンサーサイト
プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。