【大阪交通科学研究会「研究討論会」】のお知らせ

■■【大阪交通科学研究会「研究討論会」】のお知らせ
> ■日時:2009年4月24日(金) 18:00~20:00
> ■会場:キャンパスポート大阪(大阪駅前第2ビル4階)ルームE
> ■参加費:無料
> 【内容】:
> ○題目:地方部のモビリティ確保のための参加型生活支援交通計画
> ○講師:秋山哲男(首都大学東京)、
>     北川博巳(兵庫県立福祉のまちづくり工学研究所)
>     猪井博登(大阪大学大学院)
> ○概要:わが国は本格的な高齢社会を迎え、郊外部や地方部を中心に
> 進展中である。
>  多くの地域はクルマ利用が中心であり、自由に使用できる自動車が
> ない高齢者や免許を持たない女性高齢者のモビリティが著しく低下し
> ている。
>  一方、路線バスは各地で減便や廃止路線が増加し、公共交通空白
> 地域が増加してお
> り、その対策として自治体でコミュニティバス等を運行させているが、
> 乗客が伸び悩んでいることに加えて、経費がかかり苦戦を余儀なくさ
> れている。
>  最近は高齢ドライバーの起こす交通事故割合も増加しつつあり、高
> 齢者を含む地域の人々のモビリティを確保のための生活支援交通を確
> 保することは重要であるが、課題も多い。
>  他方、近年は地域公共交通の活性化を推進してゆく方向にある中、
> 様々な実践が行われつつある。
>  今回の研究討論会では、公共交通空白地域の生活交通確保のための
> 公共交通の新たな実践、およびまちづくりの一環として住民自らが地
> 域の交通手段を考え、計画を立案する住民参加型生活支援交通のいく
> つかの実践事例を紹介する。
>  そして、これからの地方部のモビリティ確保のための地域公共交通
> 手段の作り方など様々な議論を展開できることを目的とする。
> http://wwwsoc.nii.ac.jp/koukaken/news0902.pdf
> ○連絡先
>  大阪大学 大学院 工学研究科 地球総合工学専攻
>  交通システム学領域 助教
>    猪井 博登
>    電話: 06-6879-7610(研究室)
>     Fax: 06-6879-7612(研究室)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

報告

19時から同じビルの違う階で定例会がありましたので、残念ながら1時間程しか参加できませんでした。
公共交通を計画するためにバス(鉄道)+DRT・STS:秋山哲男教授の話だけ聞くことができました。内容は、以下に示すように、バスでまちづくり(中村文彦教授)からの引用やバスの基本的な7つの疑問、運輸の試みなどでした。
-資料の項目-
○基本的な考え方の確認 バスでまちづくり(中村文彦)
1.交通を知らなくてまちづくりは出来るか?
2.なぜ低いバスの人気
3.意外に高いバスの能力
4.忘れてはならないバス停問題
○基本的な考え方の確認 バスはよみがえる バスの基本的な7つの疑問
1.バスは衣食住と同様に生活の基本要素か?
2.高齢社会にバスはどこまで役に立つのか?
3.コミュニティバスは何をもたらしたのか?
4.規制緩和でバスはよみがえるのか?
5.バスは環境対策にどれだけ役に立つのか?
6.限られた予算をどこにどれだけ使うべきか?
7.バスは多様な交通手段の組み合わせが必要
○理念・制度・計画技術
1.都市づくりの理念
2.人々の移動に関する理念
○運輸の試み
1.地域公共交通活性化・再生総合事業
2.公共交通を2段階で総合的に計画する
2-1.地域公共交通総合連携計画を立てる
(1)簡便に現況を把握する
(2)大規模施設から都市の骨格軸を見つける
(3)公共交通の方針を決める
(4)バスの計画が人の行動から妥当かどうかを検証する
(5)計画の実施
2-2.福祉交通の計画
(1)人口密度からバスサービス重要地域を見つける
(2)バスマップから幹線区間を見つける
(3)運行頻度から幹線的なバスを見つける
(4)大まかな計画の筋を決める
(5)本格調査をする(①バス利用者の動きを知る②バスを利用しない人の意向を知る、バス沿線の利用手段を知る)
○バス計画 コミュニティバスとDRT計画の間違い
1.コミュニティバスって何?
2.サービスルートと一般バス
3.コミュニティバスの出現と推移
4.コミュニティバスの原型
5.コミュニティバスの運行目的
6.交通手段におけるコミュニティバスの役割
7.交通手段からみた特徴
8.交通計画からみたコミュニティバス
9.DRTを含む様々な運行形態
○DRT(予約型交通サービス)
1.デマンド交通とは?
2.フレックスルートの概要
3.電話による予約システム
4.予約受付配車システム
5.フレックスラインの車両
6.フレックスルートの利便性と社会的コスト
7.事例紹介(中村町、鷹巣町、小高町)

参加者の中には、大阪大学大学院新田保次教授や近畿大学の三星教授など福祉交通分野の有名学識経験者の方も多数おられた。また大手コンサルタント、行政、国土交通省の方も沢山おられ関心の高さをうかがわせた。

生活支援の地域公共交通

本日の講師である秋山哲男、猪井博登などの著書「生活支援の地域公共交通」が学芸出版社より出版されていますので、目次などを紹介します。

-目次-

まえがき
第1部 理論編
 1 生活支援の地域公共交通
 2 生活支援交通の「要」となるバス交通の現状
 3 生活支援交通計画の考え方
第2部 交通システム編
 4 コミュニティバス
 5 STサービス
 6 デマンド型交通(DRT)
第3部 計画技術編
 7 生活支援交通の全体計画技術
 8 過疎地域における生活支援交通計画

税込価格:¥2520
発行所: 学芸出版社
著者:秋山哲男、吉田樹 編著、猪井博登、竹内龍介 著
プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-