ラウンドアバウト

ラウンドアバウトとは、信号機の無いロータリー式交差点のことで、欧州などでは一般的です。
このラウンドアバウトは交差点を周回する車が優先で、進入する車は周回する車を確認しなければなりません。
欧州のとある地方では、信号機を撤去してこのラウンドアバウトを増やしているそうです。
なお、その他ラウンドアバウトに関しては「フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」をご覧ください。

このラウンドアバウトがこの高槻市内には意外と多いのです。
規模は小さく、住宅地で用いられているものが多いのですが、以下に紹介します。

写真①~④は南平台の住宅地内を走る道路に設けられています。
090923_4.jpg 090923_3.jpg

090923_2.jpg 090923_1.jpg

写真⑤~⑧は寿町の住宅地で見かけたラウンドアバウトです。
四隅が小さな公園や植栽空間となっており、ゆったりした贅沢な空間です。
交差点が認識しやすく、安全性も向上しそうですね。
090923_9.jpg 090923_8.jpg

090923_7.jpg 090923_6.jpg

最後の写真、これをラウンドアバウトというかどうかは別として、大木を切らずに大切に保存しようと頑張っています。
木はずーっと昔からそこにあったのです。
車や人が遠慮すべきかもしれませんね。
090923_5.jpg

その他、国内(近畿地方)のラウンドアバウトで大規模な京都市桂坂兵庫県豊岡市は航空写真で確認することが出来ます。
皆様の近所にもこのラウンドアバウトがあれば写真の投稿をお願いします。

また、ラウンドアバウトに関する論文「ラウンドアバウトの基本特性~ドイツ他の設置事例~」はこちらをご覧ください。

交差点形状や周辺土地利用状況、交通量によるでしょうが、個人的には信号交差点よりこのラウンドアバウトの方が、交通事故減少、環境改善(信号機不要)、視認性向上、シンボル性、交通マナー向上(譲り合い精神)など、メリットが多いのかな、と思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-