スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜市で見かけたスムース歩道

岐阜市で見かけたスムース歩道について紹介します。
このスムース歩道は、交差点などにおいて、歩道と車道の間で段差があったり、
勾配(スロープ)があったりして、平坦性が確保されておらず車椅子やベビーカーなどが
快適に通行できない場所に設置すると、とても効果があります。
構造的には、歩道と歩道の面を連続させるように、車道部(下写真の青い部分)を少し盛り上げてあげるのです。
すると5cm程、元の車道面から高くなるので、5~10%の勾配(スロープ)ですり付けるという構造です。
(下写真の少し黒が濃い舗装部分)
写真は、2003年に行われた岐阜市の社会実験の様子です。
(岐阜市は社会実験が盛んですね。そこで検証し、実際に整備されていることが多いようです)
031101社会実験スムース

完成したスムース歩道です。(撮影は2006年)
あまり違和感が無く、何気なく通過してしまいそうですが、
茶系のインターロッキングも目立つため、横断歩道を認識しやすく、
またその部分がかまぼこ状に少し盛り上がっているので、速度抑制にも役立っているみたいです。
060522スムース歩道整備1

従道路(主道路に対して交差する細街路など)から見てみると、横断歩道が目立ちます。
交差点であることを認識しやすく、「歩行者などに注意しよう」という気になりますよね。
停止線付近の舗装の色が濃いですね。この辺から緩い勾配(スロープ)ですり付けていますね。
060522スムース歩道整備2

かまぼこ状に盛り上がったため、車の底をするのでは?という不安もあろうかと思いますが、
普通の車であれば何ら問題はなさそうです。
060522スムース歩道整3

このスムース歩道は、歩道の平坦性を向上させ、車椅子やベビーカーなどが安心して安全に横断歩道を渡ることが出来るだけではなく、車の速度抑制にもつながる一石二鳥の効果があります。
国や地方自治体が進める歩道などのバリアフリー整備事業のマニュアルでもある「道路の移動等円滑化整備ガイドライン」にも記されており、もっと積極的に取り入れられてもいいのではと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。