金沢のふらっとバス

金沢の商店街を走る「ふらっとバス

日本では、金沢市で市中心部のコミュニティバスを導入する際に、地元のグリーンベル・モーター(後に「クセニッツジャパン」)が輸入代理店となり販売していた。その後、競合車種の台頭などもあって台数は伸び悩み、2005年にディーラーは輸入から撤退した。このこともあり導入した自治体の中には、メンテナンス面などから国産車への置き換えを決めたところもある。また故障も多く、前橋市「マイバス」は修繕費が6年間で6700万円かかっており、委託する側の自治体にとって、この費用は重荷になっていた。(国産車に切り替えたところ、初年度の修繕費用は530万円程度になる見込みだという)[1]。龍ケ崎市「龍・ゆうバス」は、2台あるバスの稼働率が56~61%と極めて悪く、修繕費も5年間で1890万円かかっていたことから、クセニッツの廃車を決めた。

車種はフォルクスワーゲン・T4のフロントエンジン(FF・エアサス)シャーシに、自社製ボディを架装して完成させる。全長や車体幅、燃料の仕様などユーザーの要望に応じてきめ細かくカスタマイズが可能である。2004年にモデルチェンジでT5ベースとなり、デザインを一新した。国産の大型・中型の路線バス同様の大型行先表示機を前面に搭載できるのも大きな特徴である。なお、バスのほか、同じシャーシをベースとした貨物仕様の製造も行っている。貨物仕様は「CARGO-」と呼ばれる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ふらっとバス
撮影:2000年3月8日(まちかど探検隊)

金沢などに導入されているタイプとは異なりますが、2001年京都の「まちなかを歩く日」のイベント(歩いて暮らせるまちづくり推進会議)で展示されていたクセニッツ社のバスは、なんと後部が下がり路面にピッタッっと接地。車椅子などはそのまま乗車することが出来ます。まさしく「フラットなバス」でした。
日本のコミュニティバス(日野ポンチョ)などとは基本設計が違うのでしょうね。
クセニッツ
撮影:2001年11月18日(まちかど探検隊)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-