スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車の街ミュンスター(1)

2007年ドイツ視察から「自転車の街ミュンスター」を紹介します。
ミュンスターはドイツの北西部に位置し、ノルトライン・ヴェストファーレン州に属します。
人口は約27万人(2005年末)と高槻市よりも9万人程少なく、
面積は300km2と高槻市(105km2)の約3倍とゆったりしています。

この町で1648年に30年戦争を終ウェストファリア平和条約が締結されるなど歴史のあるまちですが、約5万5千人の学生を抱える若々しいまちで、自転車の街としても有名です。

写真は、市街中心部を通る自転車専用道です。まるで車道のようですね。
mun01.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

なぜ出来るのでしょう?

高槻市よりも2割ほど少ない人口27万人の都市中心部になぜ、このような自転車道(センターラインまである)が整備できるのでしょうか。
不思議です。
国民性?自転車文化?土地の平坦性?行政の仕組み?
日本にこのような自転車道ってあるのでしょうか。
プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。