スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車の街ミュンスター(2)

ミュンスター中央駅前にある3300台収容の駐輪場を紹介します。
1階はガラス張りの吹き抜けになっており、自転車は地下に収容されています。
「駐輪したくなる」おしゃれな建物ですね。
写真右は地下への階段です。黄色の自転車マークでここが駐輪場であることが分かります。
mun03.jpg mun02.jpg

地下には、駐輪場の他、管理室を兼ねたサービスショップ(簡単な自転車の修理、部品の販売など)があります。
朝、出勤時に自転車を預けて、帰宅するときにはパンクが直っている、ということも可能です。
また、ロッカーも設置されており、雨具や着替えなどを預けることが出来ます。
ちなみに料金ですが(1ユーロ:160円として)、
1日:0.7ユーロ(約120円)、7回分:4.0ユーロ(約640円)、1ヶ月:7.0ユーロ(約1,120円)、年間70ユーロ(約11,200円)
個人専用契約半年:50ユーロ(約8,000円)、個人専用契約年間:90ユーロ(約14,400円)
・・・・これはおそらくロッカー付きだと思われます。
mun07.jpg mun06.jpg

駐輪は平面と、上部ぶら下げの二段になっています。
上部はワイヤーで簡単にぶら下げることができるみたいです。
また、自転車の洗車機がありました。(車のコイン洗車の自転車版です)
日本みたいにママチャリや3人乗り、カゴ付きなど様々な種類があると難しいですが、
ドイツではダッチバイクやクロスバイクなど種類も多くなく、
またカゴ付きもあまり見かけなかったことや気候が乾燥しているため自動洗車が可能だと思われます。
mun05.jpg mun04.jpg

駅前で年間12,000円という「安」「近」「快」は、高槻の駅前相場2,500円/月から換算すると、約2倍の料金でしかも駅直近ではないなど、日本の駐輪事情は条件面でかなり遅れていることを痛感しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

3000台を1カ所で

高槻市では、JR高槻駅北側、JR高槻駅と阪急高槻市駅間、阪急高槻市駅南側で公営・民間併せて約2万3千台の駐輪収容能力がある。
しかし、それらを50数店舗で受け持っており、個人経営の数十台規模の駐輪場が点在し1000台程度の大規模駐輪場が数件ポツポツという感じだろうか。
いずれにせよ、駅前に3300台の駐輪場はスゴイ!!しかもかっこいい!!!
プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。