中心部の様子(駐車場編:北園町その1)

高槻市中心市街地活性化基本計画においては、
「中心市街地活性化に向けた戦略」として、
戦略1:「2核+スクエア型モール」の連携による商業地区の魅力向上
戦略2:車両の流入抑制による歩行者優先のまちの実現
などがあげられています。

また、「中心市街地活性化の基本方針」として
方針1:安全で快適な歩行空間の確保による「体感治安」の向上(安心して歩けるまち)などがあげられています。
具体的イメージは下図のとおりです。(高槻市HPより)
4.jpg

つまり、JR高槻駅と阪急高槻市駅に囲まれた中心市街地においては、車等の乗入れを抑制し、
公共交通(バスや電車など)及び自転車、徒歩による移動へと大きくシフトさせることにより、
中心市街地で安心して快適に買物などが出来るような街にしようということだと思います。

しかし現在においては、中心部に車が入り込み、歩行者などが安心して快適に買い物したり
歩くことが難しいと思われます。
その要因の一つとして、中心部に数多くの駐車場が存在するため、人々は車で中心部に入ってきてしまい、狭い道路において車と自転車や人などが錯綜するのではないでしょうか。

そこで中心市街地における駐車場の状況を調べ、このブログで報告していきたいと思います。
1回目は、北園町の一部における駐車場状況です。
CarMap1_1_1.jpg
対象は時間貸しや月極駐車場で、マンションや住居・店舗等の小規模な駐車場は今回調べていません。
赤色が時間貸しで橙色が月極駐車場です。

駐車場(北園町その1)
街区によっては、半分ほどが駐車場として土地利用されていることが分かりますね。
車が中心部に入り込み「歩行者優先」ではなく「車優先」の街であるとともに、利便性が良く地価の高い中心部で有効な土地利用がされていないことが分かります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

補足説明

高槻市中心市街地活性化基本計画からの抜粋
~以下抜粋~
中心市街地活性化に向けた戦略
戦略1 「2核+スクエア型モール」の連携による商業地区の魅力向上
本市の中心市街地には、JR高槻駅と阪急高槻市駅という2つの「交通核」が立地し、両駅は、本市に居住し大阪や京都へ通勤・通学する市民を中心に利用されている。
2つの「交通核」の間には、複数の大型商業施設と商店街が高密度で集積する商業地区が形成されており、本市の中心市街地の大きな特徴となっている。
そのため、本計画では、典型的なベッドタウンである本市の商業機能として、大阪や京都といった大都市では得られない、日常の生活における安心感や落ち着き、文化やコミュニティを体感できる、商品・サービス・空間を提供し、「生活を楽しむ」という市民ニーズに対応した「商業の質」を高めることを目指す。本市の立地特性である大型商業施設の存在と商店街の集積の利を活かし、双方が連携した「スクエア型モール」として、商業地区全体の「商業の質」を高め、2つの「交通核」を日常的に利用している市民を取り込み、魅力向上を図ることとする。

戦略2 車両の流入抑制による歩行者優先のまちの実現
本市の中心市街地内では、歩行者、自転車、自動車が混在し、歩行者が安心・安全に通行しにくい状況となっている。
本計画においては、「生活を楽しむ」という市民ニーズに対応し、エリアの魅力と回遊性を高める必要があることから、安心や落ち着きを感じながら、買い物や文化活動を楽しむことのできる環境整備が必要である。特に、JR高槻駅と阪急高槻市駅という2つの「交通核」を中心とした「スクエア型モール」の活力向上のためには、市民が安心して歩いて回り、買い物を楽しむことのできる交通環境の整備が急務である。
そのため、中心市街地への自動車の通行の抑制を図るとともに、公共交通機関の利便性を高める取り組みを進め、安全で快適な歩行空間を形成し(トランジットモール化)、歩行者優先のまちの実現を図る。
プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-