スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回モビリティ・マネジメント会議

福山市で7月30日(金)31日(土)に行われた第5回日本モビリティ・マネジメント会議について報告します。

福山市は人口47万人、広島県では2番目に人口の多い都市です。
JR福山駅から徒歩10分程ある福山市生涯学習プラザ(まなびの館ローズコム)で行われました。
広い公園に低層の中央図書館など、市中心部にありながら静けさや落ち着きを感じました。

20100730_31Fukuyama04.jpg

さて、そもそも「モビリティ・マネジメント」とは何でしょうか?
冊子「モビリティ・マネジメント教育のすすめ」では、
『モビリティ・マネジメントとは、文字通り「モビリティをマネジメントすること」を表します。
この「モビリティ」という言葉は、「移動や交通」ということを意味します。
例えば、「私のモビリティ」といえば、「普段の生活の中で、私はどうやって移動しているのか」という
「私の日々の移動の様子」を意味します。
「このまちのモビリティ」といえば、「このまちでは、どんな交通が毎日おこなわれているのか」という
「このまちの日々の交通の様子」を意味します。
また、ここでいう「マネジメント」とは、「いろいろな工夫を重ねながら、少しずつ状況を改善していく
取り組み」を意味します。
つまり、「モビリティ・マネジメント」とは、「一人ひとりの移動や、まちや地域の交通の在り方を、
工夫を重ねながらよりよいものに改善していく取り組み」のことです。』
20100730_31Fukuyama02.jpg 20100730_31Fukuyama05.jpg

また冊子には、
『私たちの移動は、私たちの社会全体にもいろいろな影響を与えています。
例えば「クルマ」を使うとたくさんのCO2が出ます。でも、多くの人々はこのことを十分に配慮せずに
クルマを使い続け、地球温暖化を促進してしまっています。
あるいは多くの地域で利用者が減少し、バスや鉄道が「廃線」になっていますが、例えば、地域の人々が
月に1回だけでも利用すれば廃線にならずに済んだ、というような路線は日本中にたくさんあります。
一人ひとりが、こうしたことに気づき、自らの「移動」(モビリティ)を少しずつでも
見直していくということは、社会にとっても大切なことなのです。
モビリティ・マネジメントは、そうした一人ひとりの「気づき」と、
一人ひとりが少しでも行動を変えるという「小さな実践」を促し、それらを通じて、
地域全体の交通を良くしていこうとする取り組みなのです。
20100730_31Fukuyama03.jpg 20100730_31Fukuyama06.jpg
会議には福山市、羽田市長の挨拶にはじまり、基調講演は富山市の森市長より
「公共交通を軸とした歩いて暮らせるまちづくりの推進」として
LRT(路面電車)によるまちづくりの事例がありました。

参加者は、学識経験者や行政、コンサルタント、NPOや市民、企業など300名を超えとても盛況でした。
口頭発表やポスターセッションでは、パンフレットやマップなどが配布されており、
今後各地で取り組まれるモビリティー・マネジメントの参考になると思われます。

来年は仙台市で行われるそうです。
次回は是非、行政や議員、市民など高槻市からも沢山の方に参加して欲しいと感じました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

モビリティ・マネジメントとは

日本モビリティ・マネジメント会議HPより抜粋

『モビリティ・マネジメント(Mobility Management, 略称MM)とは、渋滞や環境、あるいは個人の健康等の問題に配慮して、過度に自動車に頼る状態から公共交通や自転車などを『かしこく』使う方向へと自発的に転換することを促す、一般の人々や様々な組織・地域を対象としたコミュニケーションを中心とした持続的な一連の取り組みのことを意味します。具体的には、コミュニケーション施策を中心として、様々な運用施策、システムの導入や改善、それらの実施主体の組織の改変や新たな組織の創出などを実施しつつ、持続的に展開していく一連の取り組みを意味します。』
『※ なお、土木学会の手引き書では、MMは、「ひとり一人のモビリティ(移動)が、社会的にも個人的にも望ましい方向に自発的に変化することを促す、コミュニケーションを中心とした交通政策 」とより厳密に定義されています。』

プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。