危険な道路

今回は、市中心部(JR高槻駅と阪急高槻駅間)の道路ではなく、中心部の周辺(JR高槻駅北側)の道路の様子をお伝えします。
下記写真は上の口線など、朝晩はバス時刻表に記載がないほど数分間隔で市バスが運行している道路の様子です。
通勤時間帯は、歩行者、自転車、バイク、クルマ、バスなどの交通量が多い道路です。
名神高速道路や緑が丘病院よりJR高槻駅側にあり住宅地も多いため、徒歩で通勤する方もおられるようです。
また、バス停に行くにもクルマなどとすれ違いながら、決して「安全・安心」な気持ちで歩ける道路ではないようです。
20100816_01.jpg 20100816_02.jpg

下記写真は、もう少しJR高槻駅に付近の様子です。
すぐ近くに小学校があり「通学路」になっているのですが、歩道が無くとても「安全・安心」な
道路とはなっていないようです。
20100816_03.jpg 20100816_04.jpg

この道路は「都市計画道路」には指定されていません。
ということは、しばらく(十数年)はこのままの状態が続くと思われます。
JR高槻駅から徒歩通勤圏内です。小学校がすぐ近くにあり、住宅や商店が建ち並ぶ道路ですが、
決して周辺の住民はこの道路のことを「安全・安心」な道路とは思わないでしょう。
つまり、そのことは「住みにくい」「子育てしにくい」などに結びつくのかもしれません。
実際の所、高槻市は北摂地区の他市より30歳代、40歳代の人口割合が少なく、今後20年後、30年後は
北摂地区の他市に比べ人口減少率が高くなっています。
なぜ、働き盛りの30歳代、40歳代の人口割合が少ないのか、よく考えてみる必要があると思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-