ドイツの自転車走行空間

「自転車はどこを走ればよいのでしょう?」と尋ねたときに、
「そりゃ、車両だから車道だよ!」と答える人は、どれくらいの割合でいるでしょうか。
さらに「車両だからクルマと同じ左側通行だよ」と答える人はもっと少ないでしょう。
「自動車交通量が多い道路などで、自転車歩行車道の標識がある所では、歩行者に注意しながら、
走ることも出来る」というのを「自転車は歩道を走るもの」と勘違いしている方が多いのではないでしょうか。

今回は、ドイツ(フライブルグ、ミュンスター、デュッセルドルフ、カールスルーエ)で見かけた、
自転車が車道を走ることが出来るための工夫を紹介します。
車道の路肩部分にある大きな「自転車」マークです。「ここを自転車が走るのだよ」とアピールしています。
さらに右下の写真は、車走行車線-自転車車線-駐車帯-歩道となっています。
歩道側ではないのですね。
「早く動くためのレーン」と「止まっているあるいはゆっくり動くためのレーン」が分かれています。
20100819_01.jpg 20100819_07.jpg

さて、交差点ではどうでしょうか。
カラー舗装で分かりやすくしてあったり、右左折を誘導する停止位置の路面標示もあります。
また、自転車専用の信号によりクルマの右左折と交錯する心配もありません。
20100819_03.jpg 20100819_14.jpg
20100819_16.jpg 20100819_17.jpg

また、停止線はクルマより前にあるため、自転車専用信号でまず自転車が出発して、
しばらくしてからクルマが発進します。
これにより右左折のクルマと衝突したり巻き込まれたりすることを防いでいます。
20100819_04.jpg 20100819_05.jpg
クルマの前に自転車が勢揃い。(左下写真)
日本だと通勤時の原チャリ(原動機付自転車)がこのような感じでしょうか。
また、右下写真のように、交差点では、歩道の自転車通行帯を走っていた自転車がクルマの前に来ます。
20100819_08.jpg 20100819_22.jpg

横断歩道でも工夫があります。(左下写真)
歩行者の待つ後ろに自転車通行帯があります。
また、右下写真にある駐車場の出入口など、クルマと交錯する所では交差点と同じように
カラー舗装で「ここを自転車が走りますよ」とアピールしています。
とにかく自転車が走行できる空間を連続させています。(確かに日本ではクルマが走る車道は
連続していても、自転車が走る空間や歩道はブツ切れですよね)
20100819_02.jpg 20100819_13.jpg
車道の自転車レーンから歩道の自転車通行帯へもスムーズです。
20100819_06.jpg

市街地では、クルマの進入を規制して、自転車が道路の中央を走っています。
20100819_09.jpg 20100819_10.jpg
ただし、歩行者を優先するところでは、自転車は道路の端を走ります。(左下写真)
何を優先するのか、そのためには何を規制するのか、というメリハリがついていま。
これは、どのような街なのか、という明確なビジョンの現れでもあると思います。
20100819_11.jpg

歩道(自転車歩行車道)においては、歩行者は建物側を歩き、自転車は車道側を走るように
標識で示されています。
また、右下写真のように、直進や右折などの方向を示す路面標示による誘導も工夫されています。
20100819_18.jpg 20100819_19.jpg

左下写真は小さくて分かりにくいですが、手信号を出して右折する女の子です。
また、右下写真は、一方通行を逆走するための自転車レーンです。
これはクルマと同じ方向を走る自転車は車道を走れば良いわけですが、
逆方向に行く自転車のために専用レーンが設けられています。
20100819_20.jpg 20100819_21.jpg

いや~、様々な工夫、ルールを守る意識、街の明確なビジョンなど、
本当に勉強になりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たびたびお邪魔します

寒げな北国の街ですが、あちらの人たちは冬も好んで戸外へ出るよう
ですね。

さて自転車の走行環境の整備された都市というと、専用道が縦横に延
びた光景を浮かべる人も多いかもしれないけれども、そのような箇所
はここでは見当たらないですね。

例はどれも街中で、スペースが確保しにくいのかもしれないけれども、
クルマや歩行者と隔離するための分離帯や、ましてや柵などはむしろ
あった方が危険だという認識のようですね。なので、例えば大阪市が
かつて整備したような(例:新なにわ筋)、完全に隔離された専用道
の整備にはそれほど熱心でないように見受けます。

自転車の環境整備に何より必要なのは、ここにあるような自転車を前
提にした街づくりのための「工夫」で、施工の殆どは一般の道路整備
の延長にあることでしょう。

うがった見方をするなら、自転車の走行環境整備が盛り上がらなかっ
たのには、土建的うまみが少ないこともあったのでしょうか。

豊富な情報にあえて注文をつけるとすれば、もっと大きな都市の事例
でしょうか。高槻市の人口は36万足らずとのことですが、京阪神の
都市圏の一角。欧米の大都市の成功事例があればより参考(納得)度
も高い。なお、こちらのとあるサイトを紹介させてください。

http://sky.geocities.jp/cycletown_osaka/machinaka1/machinaka1/

コンクール形式で募った街中(大阪と近隣府県)の良好な自転車空間
が公表されています。嘆くだけでなく、現実にある良好事例を探し出
して共有しようという試み。自転車にとって良い空間とは何かを考え
るきっかけになることも期待していたでしょうか。

自転車空間のコンクールがあるとは知りませんでした

kog_hito様
いつもありがとうございます。
そうですね、「自転車専用道」は少なかったですね。
唯一見かけたのは、ミュンスターでクルマがすれ違えるほど、たっぷり幅のあるところが自転車専用道になっていました。
自転車空間のコンクールがあるとは知りませんでした。
香里ヶ丘団地(大阪府枚方市香里ヶ丘) けやき通は自転車の停止線など、とても参考になります。
高槻市にも同じ「けやき通り」があるのですが・・・・・・・。
プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-