スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車が通れない車道(河原町通り)

街中の道路で自転車を通行させない所があるのをご存じでしたか。
京都市河原町通りは時間規制(8時~21時)、つまり夜間、早朝を除いて、
車道が自転車を走ることをなんと「禁止」しています。
DSCN8679.jpg

最初見たときは、自分の目を疑いました。
「朝から晩まで自転車は車道を走れない?????????」
「一体、どこを自転車は走るの????????」
DSCN8680.jpg

そうなんです、実は車両である「自転車」は
「歩くまち京都」をスローガンとしている京都市では、
なんと、自転車は車道ではなく、歩道を走らせているのです。
これは「危険な歩道の京都」ですよね。
DSCN8685.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「歩きにくいまち京都」ですね

五条通の社会実験(国)、御池通りの社会実験(市道路環境整備課)の例を見ても京都では統一的な施策が展開されているとは言いがたい状況のようですね。LRTや四条通の社会実験など交通政策先進都市としての面(歩くまち推進系部署)と反対の面(道路・土木系)と両面を持っているようですが、前者の方の部署に頑張っていただき、市として統一的な政策を展開していただきたいものです。

走りにくいまち京都

京都市民さん、コメントありがとうございます。
御池通りの社会実験を体験したくて、自宅(高槻)から御池通りまで自転車で行った時に感じたのですが、京都市内は、車道はバスや客待ちタクシーも多く、広い道路でも自転車では走りにくい街だと思いました。
ましてや観光客などが多い歩道を押して歩く、あるいは徐行なんて考えられません。
駐車場同様に、自転車駐輪場を中心部外郭に適切に配置し、そこからは「徒歩」とすべきなのでしょうね。
どこでも同じですが、いつまでも縦割り行政ではなく、ユーザー(市民等)の視点でまちづくりをお願いしたいです。
プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。