スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自転車の一方通行」標識新設???

本来、自転車は「車」ですから、車道を走行し自動車などに準じた道路標識に従うのがルールです。
しかし、例外として一方通行や進入禁止など自転車を例外として扱い、
「自転車を除く」という補助標識が設置されている場合があります。
IMG_0490.jpg

7月22日の各新聞等で
「自転車の一方通行」標識新設に関する記事が掲載されていました。
概要を抜粋しますと、

『警察庁は21日、自転車の一方通行標識を新設するため、
道路標識などに関する命令の改正案をまとめた。
自転車がすれ違う際の接触事故の危険性をなくすほか、道幅が狭い場所では、
一方通行を明示することで、自転車事故の減少を目指す。』
『道路交通法では自転車は車道通行が原則
車道や、車道にある「自転車専用通行帯(自転車レーン)」を走る場合は今回の改正にかかわらず、
自動車と同じ方向に進まなければならない。
改正案では、一方通行に違反した際の罰則は、
道交法違反と同じ懲役3カ月以下か罰金5万円以下。』


んん?????
今回発表された「自転車の一方通行標識」は、数少ない自転車道における適用より、
歩行者と自転車が混在している数多くの「自転車歩行者道」と呼ばれる日本オリジナル
(まさしくガラパゴス文化)の空間において、適用されることになると思うのですが、
皆さんはどう思われますでしょうか。
そうだとすると、警察庁は歩道(自転車歩行者道)における自転車を一方通行化させ、
歩行者との事故を少なくするという建前と同時に、
自転車を車道走行から歩道走行へ誘導しているのではないか、と疑ってしまうのは私だけでしょうか。

私がもし積極的な自転車施策をするのであれば、自転車レーンの自転車マークあるいは
「自転車専用」の標示や標識をどんどん増やし、歩道から自転車を車道に誘導することで、
歩道内の歩行者の安全を確保したいと思うのですが・・・・・・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いちおう、主眼は専用道なのだろうと思います。

遅々たる進みの「自転車走行空間整備」ですが、本音では
自転車を車道に入らせたくない警察と、車道を走るのは
危ないという思い込みにすがる地元の思惑が、専用道形式の
整備を生んでいるのでしょうか。

「専用道」というと聞こえはいいのだけれども、要は体の
いい隔離政策です。
これができると自転車はここしか走れなくなります。

大阪近辺では、この形式の整備例は知らないのですが、
対面通行をするだけの十分な幅員のないケースもあって
危険だし、また柵などで歩道とも車道とも分断されるので、
地元の事業者にも不評のようです。

この問題への警察の一つの回答がこの一方通行の導入でしょうか。
一般通念として、車道走行への不安感が大きい以上、
専用道形式の整備はなくならないとして、その危険解消策
として、私は50歩譲って了解してもよいのかなと、
今のところは思っています。

ただ、問題は歩道への適用です。警察の意図は察しかねる
けれども、実際にこれを遵守させるのはどだい無理でしょう。

無理な規則の導入は、それでなくとも崩れている実態との
乖離をさらに拡げることになります。

ただもし、歩道の一方通行化が強く進められるのだとしたら、
既成事実から進んできた歩道走行の固定化の一環で、
自転車を車道から排除してきたこれまでの政策の延長に
過ぎないことになります。

今後を見守りましょう

kog_hito様
コメントありがとうございます。

『一般通念として、車道走行への不安感が大きい以上、
専用道形式の整備はなくならないとして、その危険解消策
として、私は50歩譲って了解してもよいのかなと、今のところは思っています。 』

そうですね、急に全ての自転車は車道を走行、とはならないでしょうね。何しろ約30年、自転車の歩道走行が黙認されてきたのですから・・・・・。
まずは前進したと良い方に考えましょうか。
今後の運用などを注視する必要がありますね。

パブコメ募集案件

たとえば、警察が左右の意識を自転車利用者に
求めるのはこれまでなかったことではないですか。

部分的に前進のような、そうでないような。
そういう、俄かには判別のつきにくい案です。

何れにせよ、歩道に適用されだすと、ヘンな
ことになるのは確実でしょう。

この案はパブコメ募集中です。
(期限:8月20日)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=120110014&OB

疑問はどしどしぶつけて怪しい動きは阻止しましょう。

No title

とてもデリケートな問題になりましたね。
対象になるのは、自転車専用道と自転車通行帯の表示のある歩道のようです。
高槻の場合は、殆どが自転車通行可の表示がない一般の歩道と、何も表示のない道路ですから、今回の対象にはならないと思います。
この法改正が、効果的になるためには、自転車専用道や自転車通行帯のある道路を、整備することなのかもしれません。
でも、自転車歩行者共に、いろいろと考えるきっかけになると思います。

知らない人が多い

kog_hito様、kidoor様

パブコメ情報やコメントありがとうございます。
標識や交通ルールを知らないで自転車を乗っている人がいます。
最近はロードバイクにそれなりの格好、ヘルメット着装したヘビーユーザーが、なんと歩道を疾走しているのをよく見かけます。
ルールを知らず「流行」や「格好良さ」でロードバイクに乗っているにわかヘビーユーザーが増えているような気がします。
今回の自転車一方通行標識の導入をきっかけに、自転車が良い意味で注目されればと思います。

いささか旧聞に属しますが

ちょうど一年前に警察庁の方針変更が「報道」された時には
物議をかもしましたが、実際の警察庁の通達の文言を読むと、
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/bicycle/taisaku/tsuutatu.pdf
むしろ、明快なコンセプトに基いて、具体的で柔軟な施策が示され
ていて、警察庁が本気で取り組んでいることがよくわかります。

ただ、マスコミは毎日も読売も産経でさえもこの通達を歪曲して
報道していて、不思議なことに警察庁はそれに抵抗や抗議を
せず、一般市民の誤解を解こうとはしていないので、各県警や
自治体などに浸透するのを待って、実態に合わせて柔軟に進めて
行くつもりなのではないかと見ています。

少しずつ

ほのさん、コメントありがとうございます。
警察庁の本気度を受けて、各学会あるいは委員会で自転車走行空間についていろいろ議論されています。約40年近くも歩道(正しくは自転車歩行者道)の自転車走行が当たり前と思われているため、少しずつ自転車走行空間の整備やルールの周知、安全運転の指導等を積み重ねることが大事だと思っています。
「自転車は車道」はこれからが大切です。
プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。