スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西宮豊中線の自転車レーン

西宮豊中線(兵庫県道606号)の尼崎市武庫之荘付近では、
自転車レーン(通称ブルーレーン)が整備されています。
IMG_0054.jpg

「自転車専用」や矢印の路面標示があり、違法駐停車や自転車の逆走に注意喚起しています。
また「逆走できません」などの看板も設置されています。
IMG_0058.jpg

注目すべきは小さな交差点における連続性です。
ブルーレーンが連続して、自転車が一旦歩道に入ることのないように工夫されています。
IMG_0064.jpg

しかし、大きな交差点(右折車線がある交差点等)では、
交差点処理のため路肩部分の幅員が縮小され、ブルーレーンは途切れてしまいます。
そして一旦、自転車歩行者道に入るように矢印等で誘導されています。
車道と歩道の段差や勾配は、自転車乗入れ時のスリップなどに配慮して工夫がされていますが、
時速20km/h程度で車道を走行していた自転車が、この交差点手前では自転車歩行者道に乗上げ、
徐行しなければなりません。
IMG_0069.jpg

IMG_0070_20110810185644.jpg IMG_0074_20110810185644.jpg
右折車線などのある交差点では、安全な交通処理を考えるとやむを得ないと思いますが、
歩道に歩行者がいる場合など、歩行者の安全性確保に疑問を感じます。
本来、自転車は車道の左端を走行するのですから、
自転車レーンの幅員が確保できないのであれば、車道側に誘導すべきだと思います。
皆さん、どう思われますか?何かよいアイデアは無いでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

歩道への乗り入れ口にある路面標示は、法律上の「交差点進入禁止」標示と少々異なるので、ここでは歩道に入らなくていいですよ。

No title

321さん
コメントありがとうございます。
交差点進入禁止ではないということは、車道を走りたい人はそのまま左端を走り、急がない人は歩行者に注意し、自転車歩行者道を徐行すれば良いと言うことですね。
それにしてもゼブラが気になりますね。
プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。