スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つながっていない自転車道

国内において歩行者と自転車が分離されている道路は約3%と言われていますが、
京都市洛西地区には立派な自転車道が整備されています。
2012020903.jpg 2012020904.jpg

しかし、交差点の溜まり部分(歩行者などが信号待ちをするスペース)は自転車道ではなく、
あくまで歩道です。(自転車道の標識の位置に注目!!)
従って、自転車横断帯を渡った先は歩道ですから、自転車から降りて押さなければなりません。
2012020901.jpg 2012020905.jpg

また、写真のようなバス停も歩道と思われます。
(自転車道ここまでという標識は無いですが、常識的には自転車道ではなく歩道でしょうね)
2012020906.jpg 2012020902.jpg
自転車道は歩行者が歩いてはいけません。
また、自転車道のあるところでは、自転車は車道を走ってはいけません。
従って、自転車は車道を快走することも出来ず、交差点やバス停では降りて押し、
自転車道の部分のみ快走出来るという・・・・・・
連続していない「道」ということになります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。