MUSE高槻の駐輪

4月1日にオープンした「MUSE高槻」の駐輪場(機)の様子です。
(JR高槻駅北東地区開発事業まちづくり協議会HP参照)

前回紹介した京都の御池通りに設置されていたあのおしゃれな駐輪ラックが
うれしいことに、この高槻市にも導入されました。
これは、今までのような「駐輪ラック」のイメージではなく、
自転車が無いと防護柵と勘違いするようなデザイン(色と形)です。
(アーキエムズHP参照)
20120409_01.jpg

低い方と高い方(シルバーのスロープが付いている)の2段式になっていますが、
一見低い方はどこに車輪を挟めばよいのか分からないほど、シンプルな構造です。
20120409_02.jpg

写真は車道側から見た様子です。
自転車は車両なので個人的には車道側からラックに入るようにした方が良いと思うのですが、
皆さんはどう思われますか。
20120409_03.jpg

写真は二輪車用のスペースです。二輪車は車両なので当然車道側から入れるようになっています。
20120409_04.jpg

関西大学側にも同じタイプの駐輪ラックがありました。
但し、こちらは柱の低いタイプです。
歩道沿いに一列で並んだ方は、防護柵を兼ねているのか、柱の高いタイプで、
駐輪場として面的に整備されている方は低いタイプという使い分けをしているようです。
20120409_05.jpg
まだ知られていないのか、空きが目立ちます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-