スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富田の交通問題

今日は、こまちのメンバー8名とともに視察した富田の報告です。
主にJR富田駅と阪急富田駅の周辺における交通問題を確認しました。
まず、JR富田駅と阪急富田駅間のメインストリートです。
ここはJR富田駅で行き止まりとなっているため、通過交通が少なく、
歩行者天国化している賑わい空間です。
20150418IMG_0732.jpg
歩道は整備されていません。
駅への送迎や東西へ抜ける自動車、あるいは沿道店舗の荷捌き車等、
比較的、自動車の速度はゆっくりで、自動車より歩行者が優先されている道路です。
20150418IMG_0680.jpg

このメインストリートを横切り、東方面へ抜ける自動車や自転車等は、
この阪急の踏切を渡ることになります。
道路幅が狭く踏切内で離合できず、鉄道と道路の交差角度が鋭角のため、
ちょっとした渋滞が発生します。
20150418IMG_0704.jpg
歩行者や自転車はこの踏切を避け、少し西側の小さなトンネルを
利用する方も多いようです。
でも自転車は頭を屈めて、ぶつからないように注意が必要です。
20150418IMG_0700.jpg

JR富田駅の西側には、JRを潜る大阪府道があります。
ここは歩道がなく、近くの小学校や中学校の通学路になっています。
20150418IMG_0741.jpg
自動車と自転車等の交通量も多く、
平日の通学時、児童や学生は危険を感じながら
通学しているのではないでしょうか。
狭くて暗くて、自動車の風圧を感じながらの通行は、
大人でも怖いと思います。
20150418IMG_0767.jpg

このJRアンダーパス部(鉄道の下を道路が抜けている)の前後の道路は、
歩道も整備されており、この部分がボトルネック(くびれた部分)となり、
渋滞や歩行者等の通行上の危険箇所として
長年、手付かずのままです。
写真は、最近整備された第四中学前です。
このように、車道と歩道が整備され、小学生や中学生、
高齢者や親子連れなどが安心して
歩くことが出来る道路が一日も早く整備されることを願います。
20150418IMG_0788.jpg

また、利用者側の交通安全意識も大切です。
写真は、見通しの悪い信号機のない小さな交差点です。
向かって左側からのクルマ等が見えにくいため、
「止まれ」と大きく路面に表示されていますが、
自転車は一旦停止や速度を落とすこともせず、
通過する方が多いようです。
20150418IMG_0749.jpg
今回、富田駅周辺の交通上問題がある主な箇所において、
「定点観察」により、交通量の多さや歩行者あるいは
自転車の動線や行動特性等を少し確認することが出来ました。
今年の「こまち」はこの富田地区を取り上げ活動していく予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

私もJRアンダーパス部分はかなり前から気になっていました。
このままでは必ず事故や死者が出ると・・・
このサイトをきっかけに高槻市が動いてくれたらと切実に
願うばかりです。
応援しています!!
頑張ってください!!

大阪府の予算削減の影響?

高槻市民さん
コメントありがとうございます。
この道路は大阪府道です。高槻市はJRと大阪府に強く働きかけているみたいですが・・・・・・・。
この道路は都市計画道路のためマンション等は建てることが出来ません。
現地を見ましたが、JRアンダーバス前後は、用地買収が済み駐車場になっている等、大きな問題は内容に思えます。また、最近、国道171号から第四中学前まで拡幅整備されました。
どうも大阪府は予算を切り詰めすぎで、安全対策は二の次になっている気がします。都構想が実現し大阪市が大きな予算を握ると、府内の道路整備は更に後回しになるのでしょうか。
JRも影響するので、工事費の負担割合はよくわかりませんが、大阪府とJRは地元の小学生や中学生、高齢者など、特にクルマを運転できない方たちの安全性に予算をつけて早期に整備をお願いしたいものです。
プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。