スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イマジンさんのストラスブール

ドイツのデュッセルドルフから「イマジン」さんの「第1回特派員便り」です。
フランスのストラスブールのLRTについて、「イマジン」さんのブログより了解を得てこのブログでも紹介したいと思います。

「イマジンの特派員便り」
世界で一番美しいLRT、それまでの路面電車を過去に追いやった未来型LRTなどと紹介されるストラスブールのLRTですが、やっぱりかっこよかったですね。
外観だけでなく、低騒音高速走行(郊外)100%低床車体など、従来の路面電車のイメージを一新した技術革新を同時に達成したところに、ストラスブールのLRTの凄さがありますね。
イマジン1
こちらは、線路上でエサをついばむ鳩に立ち往生するLRTです。
高性能LRTもこれでは自慢の能力を発揮できませんね。でも、鳩を無理に追い払わずに停車して待つところが、ヨーロッパらしいというか、それくらいの余裕があったほうがいいかなとも思いました。
珍しい場面を見ることができました。
イマジン2

「一言コメント」
イマジンさん、ありがとうございます。
最初の写真ですが、歩道と思われるところに駐車してあって「歩行者はどこを歩くの」と疑問に思いました。また、クルマが走る車線はLRTの向こう側にある狭そうな空間だけなのでしょうか。それともLRTとクルマが同じところを走行すると言うことなのでしょうか。
なんでも堺市のLRTが、対面通行が一方通行になるため地元から反対の意見が出て計画が頓挫しそうということを聞いたことがあります。LRTとクルマが共存できる空間整備が出来れば良いですね!

2枚目の写真ですが、LRTの前方、鳩がいるところですが、歩道が少し切下がった形式になっており、停止線と自転車マークがありますね。
日本のように黄色の誘導ブロック、横断防止柵など大袈裟な仕掛けではなく、そもそもの道路構造が平坦、落ち着いた色使いであり、そこに「事故に遭うのは自己責任」という大人社会による過剰な安全対策もなく、建物の配色含めて街全体として落ち着いた雰囲気ですね。
(日本だと看板、電線、標識など雑多な空間になっているでしょうね)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

転載、ありがとうございます

転載していただきありがとうございます。
ご質問にお答えする前に、少し補足説明をします。
まず、ストラスブールの旧市街(イル川中州)は基本的に車両通行禁止地区です。そのなかに数本の通行可の道路があり、街の中心付近のパーキングに入れて観光することができるようになっています。公共交通機関への転換を目指しながら、車の旅行者をガッポリとキャッチする仕組みを築き上げているところが憎いですよね。
で、写真の道路がその車両通行可の道路なんですが、路上駐車は多かったですね。駐車禁止の標識も写っていますので、もちろん路上駐車は禁止です。取り締まりも相当やっているだろうと思いますが、イタチごっこなんですかね。
この道は車では通らなかったので、よく覚えていませんが、もちろん軌道は車も走行すると思いますよ。
歩道の切り下げのところは、道路(歩道)が接続しているところだったと思います。ここの自転車道は、両方向の標示がされていたので、対面通行のようでした。

祝!特派員第1号

イマジンさん
コメントまで頂き、ありがとうございます。
視察1週間程の見聞では、分からない部分が沢山あります。また物珍しさから「良いな」「格好良いな」と思っていても、実際しばらく生活して使ってみると、「あれっ思ったより使いにくいな」とか「すぐに故障した」など、本当の姿が見えてきます。
これからもイマジンさんの貴重かつ鋭い観察力によるレポートをこのブログで紹介させて頂きますのでこれからもよろしくお願いします。
プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。