第8回たかつき交通まちづくりシンポジウム報告

富田のJRと阪急の駅駅間について、地元商店街の方や
姫路市における駅周辺開発やトランジットモールの話題提供を踏まえ、
安心して安全に歩いて買い物出来る空間を実現するための提案等、議論しました。

駅駅間を多くの歩行者が利用しているのが分かります。
20161119富田の駅駅間まちづくり訂正
一方クルマは周辺の主要幹線道路(国道171号等)は減少傾向にあります。
また、駅駅間の通過交通あるいは域内交通は歩行者交通量等に比べ、
非常に少ないことが分かります。
道路移動手段の状況
駅駅間の道路を歩行者が安全に安心して買い物できる空間にするためには、
クルマ利用者の駅へのアクセスも考慮する必要があります。
案としてJR南側の現在、駐車場等に使われている空間を
活用することは出来ないでしょうか。
摂津富田駅南側への接続
現在のJRと阪急の間にある東西方向の一方通行の代替として、
阪急南側に計画されている大阪府道である道路整備を
当地域の東西方向の主要道路として
早急に整備することは出来ないでしょうか。
東西方向の道路整備
現在でも1万2千人/12時間の多くの方が利用している道路空間ですが、
昇降式の車止め(ソフトライジングボラード)によりクルマの出入りを
コントロールすることで、歩行者の安全性や安心感を高めることは
出来ないでしょうか。
侵入車両を抑制する方法
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-