消えゆく大阪の赤バス

大阪市内の街中を走る赤バスは、購入費が高い(約2000万円)、故障が多いなど維持費が高い、運行時間が短い、乗客が少ないなどの理由から、とても残念ですが平成22年度に全面廃止となります。
外国製の小型バスの特徴でもある、低床で乗車口が広く乗り降りがスムーズで、乗っていても目線が歩いている人程の高さなので、とても快適でした。日本製でこのような小型バスってあるのでしょうか?おしゃれで、かわいくて、乗降しやすく、目線が低いという国産バスがあれば是非教えてください。

AkaBus.jpg

さて、以下に産経ニュースの抜粋を転記します。

『赤バスを22年度末にも全面廃止 大阪市交通局』
 大阪市交通局は10日、地域密着型の小型コミュニティーバス(通称・赤バス)を平成22年度末にも全面的に廃止する方針を明らかにした。交通局は代替交通について、「地域のニーズに対応した移動手段を検討していく」としている。赤バスは市営バス事業の赤字体質の一因となっており、有識者の検討会が昨年12月に廃止を含めた全面的な見直しを提言していた。
 交通局が10日発表した市営バス事業の改革アクションプラン(案)によると、市営バスの全路線について収支と公共性を分析した結果、赤バスは全28路線のうち27路線が「経済性も公共性も著しく低い」と評価された。さらに赤バスの車両は22年度末に買い替え時期を迎え、事業を継続すれば約16億円の新規投資が必要となるため、廃止に踏み切る。ただ、生活の足として利用している高齢者らへの影響も懸念され、地元や市議会からの反発も予想される。
 プラン案は、21年度予算で73億円の経常赤字を計上している市営バス事業について、赤バスの廃止などの路線再編や人件費の削減などにより、27年度以降には3億円の経常黒字に転換できるとしている。
 赤バスは14年100円均一料金ときめ細かい運行ルートを売りに本格的な運行を開始。しかし、結果的に既存の一般バス路線と重複したことから予想よりも利用が伸びず、21年度の平均乗客密度見込みは4・0人と「乗用車並み」(交通局)になっている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-