スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸市の取り組み

ESTメールマガジン第36号(2009.7.27 発行:環境的に持続可能な交通(EST)普及推進委員会事務局)に神戸の取り組みが紹介されていましたので転記します。

~以下転記~
寄稿②「地方から全国に向けた情報発信!」(第36回)
●「歩くことを楽しむことができる魅力的な都心づくり」KOBESTの取組みについて
            【神戸市企画調整局企画調整部調整課 岸 雅之】

 神戸市では、平成16年度より神戸市都心地域がESTモデル事業の実施地域に選定さ
れ、「地球環境保全」「都心の活性化」など様々な観点から、神戸都心地域における
EST(KOBEST)を確立することを目的とした事業に取り組んでいます。この取り組み
の中で、神戸市では、KOBESTを実現するために、クルマの利用を控えて公共交通・徒
歩へ転換するのに有効な施策の基本方向を次のように定めています。

  ①歩いても楽しい魅力的な都心
  ②誰にでも優しい公共交通
  ③クルマに依存しなくてもする仕掛け
  ④次世代の担い手の育成

 この基本方向に基づき、平成19年度の交通社会実験「KOBEST2007」では、市民や来
街者が気軽に利用できる循環バス(KOBESTちょいのりバス)の運行や、交通系ICカー
ドを活用したクイズラリー、商業施設や既存公共交通等との連携など、KOBEST実現に
向けた施策をパッケージとして組み合わせて実施しました。
これらの取り組みでは、「歩くことを楽しむことができる魅力的な都心づくり」を進
めることがKOBEST実現のために最も重要であることが再認識され、今後も市民、商業
者、NPO、交通事業者、行政等が協働で、KOBESTの活動を推進していくこととしてい
ます。
 平成21年度は、各交通事業者と協力して、神戸都心地域およびその周辺について、
市営地下鉄、市バス、神戸新交通ポートライナー、シティー・ループバス等が連続し
た2日間乗り降り自由となる「こうべ都心(まち)めぐり2dayパス」を発行し、これを
ESTの普及啓発に活用するとともに、公共交通機関を利用しながら歩いてまちをめぐ
ることを支援する交通社会実験を実施しています。(平成22年3月22日まで)

~以上~
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

高槻市でも

京都市や神戸市、奈良市など観光地においては「歩くまち」「車に依存しないまち」などの取り組みが盛んと思われます。
これからは観光都市だけではなく、中核市などある程度の規模を持った都市においては、さらなる公共交通機関の活用や、歩行者や自転車による移動が無理なく出来るような道路空間整備、都市整備、交通政策、交通教育などが必要なのでしょうね。
プロフィール

たかつき交通まちづくり研究会

Author:たかつき交通まちづくり研究会
たかつきこまちのブログです。自動車に出来るだけ依存しないまちを目指し、
・高槻交通まちづくり条例の提案
・公共交通利用の推進
・自転車利用の推進
・歩いて暮らせるまちづくり推進
・駅前地区の交通状況改善に関する提案
を行います。
連絡先:takatsukikotsu@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。